ホーム » プログラム » WordPressサイトの再構築

WordPressサイトの再構築

先日 WordPressを使ったサイトの
再構築作業をしました。
 
前回の記事
 ↓
あなたならどうする? こまった時こそスキルアップのチャンスです。
 
10万件を超える投稿データを削除して
トレンドアフィリエイト用に公開していたサイトを
ブログ・メルマガアフィリエイト用の
サイトに変更するという作業をしました。
 
MySQLデータベースを直接操作して
SQL文を使って過去に投稿した
10万件以上の記事を一気に削除。
 
それから投稿記事に挿入した画像を削除する。
 
という計画です。
 
投稿記事は MySQLデータベスのwp_postsテーブル、
wp_term_relationshipsテーブルとwp_postmetaテーブルに
データが保存されています。
 
データのリレーションがわかったので一気にデータを
削除します。
 
投稿記事を削除するSQL文
 ↓

delete a,b,c  FROM `wp_posts` a 
left join wp_term_relationships b on (a.ID=b.object_id) 
left join wp_postmeta c on (a.id=c.post_id)  
WHERE post_type='post' and post_date < '2017-10-07';

 
実際に作業してわかった事があります。
 
必要なデータ(固定ページの記事やヘッダー画像)を
エクスポートして、今までの WordPressのサイトを削除し
新規にインストールしたほうが、作業効率が良い
 
という事がわかりました。 ^^;
 
10万件のデータは SQL文で一気に削除できましたが、
画像データをデーターベースから削除するのに
思った以上に時間がかかり、すっかり疲れてしまいました。
 
画像データは wp-contnet/uploads/下のフォルダにあるので
一気にコマンドで削除しようと思っていましたが、
WordPressの画像データの管理の仕方が想像以上に面倒な
仕組みでした。
 
wp_postsというテーブルだけではなく wp_posttmetaという
テーブルに画像データの IDや保存先のディレクトリ名、ファイル名が
保存されています。
 
wp_postmetaテーブルの meta_keyの値が '_wp_attached_file'なら
画像関連データです。
 
アイキャッチ画像の時は meta_key値が '_thumbnail_id'になっていました。
 
WordPressで画像情報が、どのように使われているかを
調べる途中で疲れてしまいました・・・・。
 
画像データがどのようにデータベースに保存されているのか
確証が持てなかったので、手作業で画像データを削除しました。
 
ほぼ1日かかって、いらなくなった画像データを削除する事に
なってしまいました。 ^^;
 
作業が終わって、新規にWordPressサイトを作れば15分くらいの
作業時間だったなぁ・・。とおおいに反省しました。
 
 
時に、このようのな回り道をする事があります。
1日が無駄になってしまいましたが、失敗も大切な経験です。
 
WordPressのデータベースを調べる過程で、
面白そうなアイディアも思いつきました。
 
ちょっとした試練は、チャンスになる!!
 
次回、WordPressを再構築する時は
新たにWordPressをインストールする方法で対処しようと思います。
 
 
僕の無料メルマガでは
お薦めできるツールを使って、
具体的に使い方をご説明しています。
 
パソコンスキルを磨きたい方は是非
僕の無料メルマガに登録して下さい。
 
不要と思われた時はワンクリックでメルマガ解除が出来ます。
 
 



「無料メルマガに参加する」ページを見る

 

リストを集めるための
・ ランディングページの作り方や
・ あなたの情報をより多くの人に読んでもらうためのツールの紹介
・ メール配信システムの使い方
・ 売るために必要な文章の書き方
などをお伝えしています。

 
 

 

この記事に関連する記事一覧

無料メルマガ登録
最近の投稿
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お気軽にお問い合わせください。