ホーム » ビジネス » ちょっとしたトラブルは楽しい時もあると感じた事

ちょっとしたトラブルは楽しい時もあると感じた事

自宅で運用しているサーバが
突然壊れてしまいました。
 
CentOS という Linux系のOSのサーバーで
完全放置で年間 100万円くらい稼いでくれています。
 
年金生活者の僕には、ほったらかしで稼いでくれる
100万円はお小遣いとして魅力です。
 
サーバーの電源がダメになったようで
5年ぶりくらいに、サーバーを分解してみたら
5年分のほこりがサーバーに溜まっていました。 ^^;
 
100万円欲しさに、必死でサーバーの復旧作業を始めました。
 
僕はハード音痴で手も足も出なかったので、
サーバー本体を治す事は諦めてハードディスクを取り出し、
稼いでくれる仕組みを別のコンピュータにインストールする事にしました。
 
慣れない手つきでハードディスクをサーバー本体から取り出し
新しいパソコンに移植しようと思ったら・・・・
 
サーバーにするパソコンが自宅にありません。^^;
 
パソコン屋さんも閉まっている時間なので
色々と考えた結果、100万稼ぐ仕組みを
レンタルサーバに一時的に移植する事にしました。
 
データやプログラムを移植するために
普段使っている Ubuntu という Linux系の
作業用パソコンにサーバーから取り出したハードディスクを繋いだら、
繋いだハードディスクは LVM2 というフォーマットになっていて
ハードディスクを認識してくれません。
 
インターネットで LVM2フォーマットのハードディスクを認識させる
方法を調べて、やっとデータが見えるようになりました。
 
作業用のパソコンで動作確認をしたら、プログラムが動きません。
 
「なんでだぁー」
 
という事で、調べたところ PHP のバージョンの違いが原因でした。
 
古いバージョンのPHPが使える
Ubuntuパソコンにハードディスクを繋ぎ直して
とりあえず、プログラムが動くのを確認。
 
「よかったぁー」
 
と思ったのもつかの間、MySQLデータベースのデータが読めません。
 
MySQLデータベースの設定が書かれている my.cnt を調べて
データの書かれているディレクトリに必要なデータをコピーし
phpMyAdminをインストールしてデータを調べデータを
sql形式でエクスポートしました。
 
新しい環境(レンタルサーバ)の phpmyadmin をつかって
エクスポートした data.sql をインポートして解決。
 
やっと ほったらかしで年間 100万稼ぐ仕組みが復活しました。
 
稼ぐ仕組みを作って5年間、完全放置だったので
忘れた事が多くて復旧に苦労し復旧までに24時間くらい
かかってしまいました。
 
久々のトラブルでしたが、忘れた事や必要な事をインターネットで調べて
問題を解決しながら、少しづつ目的を達成していく楽しさを思い出しました。
 
自分がマンガの主人公のように困難に立ち向かい
ひとつひとつ解決していく・・・。
 
「オイラってヒーローじゃん。」
 
と問題が解決して思ったしだいです。
 
そして
インターネットで様々なコンピュータの情報を公開してくださっている
多くの技術者にとても感謝しています
 
自宅にいながら、ネットで検索すれば解決策が見つかる素晴らしい環境です。
 
CentOS も Ubuntu も無償公開されています。
Linux文化はオープンソース・ソフトウェアでで支えられた文化です。
 
情報を公開されていらっしゃる方やオープンソースを
提供してくださっていらっしゃる方に感謝です。
 
自宅にいながら新しい技術や直面したトラブルの解決法をネットで
調べられる、ネットインフラが整備された今に生きている事を嬉しく思いました。
 
 

 

この記事に関連する記事一覧

お薦めネットビジネス
最近の投稿
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

お気軽にお問い合わせください。